ブログトップ

シクロツーリスト&ランドヌールときどき模型の製作日記

cyclo.exblog.jp

我がフリートたち

こんにちは。田村です。

北朝鮮の砲撃事件の報道を読んだり、
NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」を見てたりすると、
やっぱり海軍て大切なんだなと思う今日この頃。

さて、自分の持っている自転車たちを、「フリート」って
表現することがありますよね(ない?)。

「フリート(fleet)」とは、もともと
「艦隊」といった意味の英語、みたいです。

あの連合艦隊はGF(Grand Fleet)です。

では、唐突ですが、僕のGF(この場合はGirl FriendでもOK?)
を紹介していきましょう。
d0211129_16494558.jpg
最近、めっぽう出番が多いTOEIのスタンダード・ランドナー。
エイ出版社時代に作ったムック、『旅する自転車の本』での
体験リポートにて製作(もちろん自腹)。

できてまだ1年半も経ってませんが、
僕に“シクロツーリスト”の世界を再発見させて
くれた大切な一台です。
思えば、この一年半でいろんなことがあったし、
いろんな所に行くことができたなあ……。

d0211129_16543866.jpg
僕にとっての初の本格的なツーリングバイク、
キャノンデールT1000です(写真撮影:島田健次さん)。

1994年に当時フリーターの身でありながら購入、
東海道をひたすら無駄に走って関西に出て、
四国に渡り、九州を経て沖縄へと旅したこともある
思い出の一台です。

大口径アルミ製フレームはもちろん、パーツがデオーレXTと
かなり良いため(初代XTRと同世代の逸品)、
15年経った今でもほとんど購入当時の状態で現役です。
しばらく前にキャリアとガードを新調し、
全体をショップで整備していただいたら、
まるで新車のようにシャキッとしました。

購入当時はMTB全盛時代。
ランドナーなど旅行車は風前の灯火でしたが、
このモデルに出会ったおかげで、旅そのものだけでなく
自転車にも一層の興味が向くようになったと思います。
逆に言えば、いわゆるランドナーらしいランドナーとの
出会いが非常に遅れたとも言えますね。
d0211129_1763821.jpg
ブロンプトンです。
2年ほど前に購入し、それ以来いちばん出動回数が多い
フォールディングバイクです。

公共の交通機関と、自転車と、徒歩しか
移動手段がない僕にとって
(つまり、クルマの運転免許がない…)
究極のフォールディングバイクとよばれるブロンプトンの
機動力には大いに助けられ、楽しい旅の数々を
体験させてくれました。輪行しやすいのはもちろん、
専用バッグが非常に便利なので、けっこうヘビーな旅も
余裕でこなせる一台です。

手前のオレンジ色が僕の、奥のシックなブロンプトンは、
グリーングループ鈴木潤さんの愛車です。

d0211129_1712890.jpg
実業之日本社さんのムック『自転車と旅Vol.2』での
体験リポートを機に手に入れた、
ロイヤルノートンのオーダーキャンピング。

自分史上、もっとも高価な自転車(約40万円)となりましたが、
ちょうど『鉄道で広がる自転車の旅』(平凡社新書)の
印税が入ったため、その過半を注ぎ込んで
おとな買いしました。まさに自転車操業です(笑)。

しかし、北海道で一週間ほど走ったきりで、
今はベロクラフトさんの看板と化してます(泣)。
だってやっぱり、普段乗るには大げさすぎるし、
そうそうキャンプ旅にも
出れないですから。来夏まで出番はないかなあ…。
d0211129_17251895.jpg
いちおう、ロードバイクも持ってますよ
(写真撮影:島田健次さん)。
このオペラと一緒に、イタリアのピナレロ社を
訪問したこともありました。

以上、我がフリート自慢でした!
乗れば気分晴朗なれども家庭内は波高し、ってところです。

実は他にも数台、ガレージに転がってます。
そして……
d0211129_1730551.jpg
来るべき新車もオーダー済みです!

その詳細は、またいずれリポートしたいと思います。
物欲が尽きない田村でした。
by cyclotourist | 2010-12-14 17:38 | Comments(1)
Commented by あかおやぢ at 2010-12-15 19:13 x
はじめまして。
ひょんな事から田村様のBLOGを発見しました。
田村様が出された本は私が考えているランドナーツーリングにマッチしていていつも楽しく読まさせて頂いております。
ランドナーの方々はマニアックな方が多くてなかなか私のように拘りがない人間にはとっつきにくい面もありました。
でも田村様のように現行部品でランドナーを作ってツーリングに出かけるのには凄く共感がもてます。
これからも楽しい本を出してくださいね!
<< ルートラボ ワイズロード大宮 >>